イギリスの情報 美術の情報

イギリス・ロンドンから印象派の絵画『コートールド美術館展』

イギリスのロンドンにあるコートールド美術館の印象派の名品を紹介する『コートールド美術館展 魅惑の印象派』に行ってきました。

 

コートールド美術館はレーヨン産業で富を築き上げた実業家であるサミュエル・コートールド(1876〜1947)が収集したコレクションをロンドン大学のコートールド美術研究所の美術館として1932年に開館されました。

みどころとして、マネの最晩年の傑作『フォリー=ベルジェールのバー』、ルノワールの『桟敷席』、ゴーガンの名画『ネヴァーモア』など、そしてコートールドが作品をもっとも多く購入した画家、セザンヌのコレクションが展示されています。

そして実業家であったコートールドがどのような人物だったのか、またコートールド美術研究所の新たな研究成果を展示しています。

コートールドは美術や美術史を勉強したことはなかったそうですが、当時のイギリスでは印象派やポスト印象派の作品が高く評価されていない中で収集を始めました。そしてコートールドは「印象派は誰もが理解できて親しむことのできる、もっとも民主的なムーブメント」だと感じ「芸術は多くの人と共有するもので、それによって人々の生活が豊かになる」と信じていたそうです。

東京都美術館で12月15日(日)まで開催されています。

『コートールド美術館展』

https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_courtauld.html

会期:2019年9月10日~12月15日
会場:東京都美術館
開館時間:9:30~17:30(金〜20:00)※入室は閉室の30分前まで

ICC外語学院へようこそ

「新しい言語に挑戦したい」「語学力をもっと向上したい」「もう一度勉強し直したい」…
そう思ったときは語学をはじめるチャンスです。言語は基礎からしっかりと学ぶことで理解が深くなり、
また人と対話をすることで会話力が身についていきます。ICC外語学院は担当講師がマンツーマンで分かり易く丁寧にレッスンを行います。
まずは体験レッスンを通じてICC外語学院の温かい雰囲気や効果的なメソッドを実感してください。
世界への一歩を一緒に踏み出しましょう!

公式サイトはこちら

お得なキャンペーン実施中です

まずは体験レッスンからスタートしてください!!

 

 

 

おすすめ