火曜日, 12月 10, 2019
美術の情報

『メスキータ展』東京ステーションギャラリーに行ってきました

『エッシャーが命懸けで守った男。メスキータ』とは?

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201906_mesquita.html

サミュエル・イェスルン・デ・メスキータは19世紀後半から20世紀前半を生きた、オランダのアーティストです。1868にポルトガル系ユダヤ人の家庭に生まれました。

ハールレムやアムステルダムで、画家、版画家として、また、装飾美術の分野でデザイナーとしても活躍しました。まずは版画家として、木版画で白黒のコントラストを強調した作品を数多く残しました。デザインの分野では、幾何学的な構成を生かし、雑誌の表紙や挿絵、染織デザインなどを手がけました。

その一方で、美術学校の教師として多くの学生を指導しています。中でもエッシャーは、メスキータから最も大きな影響を受けた画家と言われています。

オシャレな内装素敵です

ユダヤ人であったメスキータは、1944年に強制収容所に送られます。アトリエに残された作品は、エッシャーや友人たちが持ち帰って命懸けで保管したそうです。そして戦後すぐに展覧会を開催しました。そうしたエッシャーたちの尽力がメスキータの名前が世の中から忘れ去られないようにしました。

今回は、メスキータの作品を本格的に紹介する日本での初回顧展だそうです。展示は8月18日(日)までです。ご興味のある方はお見逃しなく!

 

ICC外語学院へようこそ




「新しい言語に挑戦したい」「語学力をもっと向上したい」「もう一度勉強し直したい」…
そう思ったときは語学をはじめるチャンスです。言語は基礎からしっかりと学ぶことで理解が深くなり、
また人と対話をすることで会話力が身についていきます。ICC外語学院は担当講師がマンツーマンで分かり易く丁寧にレッスンを行います。
まずは体験レッスンを通じてICC外語学院の温かい雰囲気や効果的なメソッドを実感してください。
世界への一歩を一緒に踏み出しましょう!

公式サイトはこちら

 

お得なキャンペーン実施中です


まずは体験レッスンからスタートしてください!!


Back To Top